Daily Archives: 2015年12月7日

12/4カルジェルチップオーバーレイの講習

12/4カルジェルチップオーバーレイの講習

次の講習はフラットアートの予定ですが、
私の地爪が痛みきっているので、
いい機会だという事で、先にチップオーバーレイの講習を受けました。
爪が短すぎる人、噛み爪で爪が小さくなってる人、傷んでる爪の補修方法です。

まずは先生

036

人差し指

 

037

親指

補修する前のひどい状態を写真に撮り忘れ・・。
親指は、イエローライン(爪とベットの境目)より下のところで横に亀裂が入っています。
それを上からチップをかぶして補修するのですが、
下手な人がやると爪が太ります・・。

 

そこで、私の施術。

039

薬指

040

人差し指

045

小指

これらにチップオーバーレイをしました。

047

中指は、講習で先生に見ていただきながら施術したものです。
小指は、実は失敗してて、
チップ切りすぎて少々小さい。
カラーを塗るとわかりずらいので、他のは塗ってません。

講習のキットに入っているチップは大きいサイズ(No.3)で、
私の指だと親指には丁度いいけど、他の指には大きすぎます。
なので、今回はサイドを切ったり削ったり加工をしたので、少し広がり気味の爪が出来上がりました。

爪の真ん中あたりで、少し白っぽいところが、チップが重なっている箇所です。

この出来上がりは、まだ先生に見ていただいてないので、評価はいただいてません。
10日にお見せする予定です。

12/1カルジェルフレンチの講習

12/1カルジェルフレンチの講習

11月中はスチューデントサロンのオープンがあり、
うれしいことに予約もあったりで、
講習受けられずにおりました。
講習を受けて前に進む事も大切ですが、
それ以上に、一つ一つを自分の身につけてから、という思いもあったので、
ついつい歩も遅くなりがちです。

12月に入り、前に進みましょう!ということで、
いくつか先生の時間が空いてるところに講習をいれていただきました。

まずは、カルジェルフレンチです。

カルジェルの講習のフレンチは、とっても難しいです。
でも、これができるとダブルフレンチも、カモノハシのくちばしのようにならない、すっきりしたアートができるとのこと。
しっかり習得したいと思いました。

034

まずは先生のフレンチです。
境界もにじまず、線も曲がってません。

 

035

そしてこれが私のフレンチ。
線が、ちょっと歪んでます。

カルジェルのフレンチは、
ベースを爪の先まで塗って(エッジは塗らない)、
ジェルをふき取ったきれいな筆で、
フレンチ部分を拭いとります。
これがしっかり拭えてないと、滲んでしまうんです。
そして、拭ったところに、フレンチの色を置いていきます。
ここでもセルフレべリングという、カルジェルならではの習性を利用します。

さて・・・これから練習を重ねて、先生の様なきれいなフレンチに近づけなければ!!

12/4練習モデルさん

12/4練習モデルさん

11/9の練習モデルさん。
3週間ちょっとでのネイルチェンジです。

041

サイドが浮いてしまっている

042

先端が欠けてしまっている

043

根元が浮いて汚れてしまっている

044

ラメははがれやすいと聞いてはいたが・・・本当にはげれてしまった。

 

3週間でこの状態。
自分で見ていても恥ずかしくなってしまいました。
モデルさん、1ヶ月弱、ありがとうございます(^^ゞ

 

そして、今回はちょっと明るめに・・アートも入れてみました!

046

爪は短めがいいというので、ファイルをかけて短くしました。
カルジェルP104とそれにCG01に混ぜたピンク。
わかりずらいですが、小指と、ダブルフレンチの先にP105。
そして左手の薬指だけ、ライトピンクのラメパウダーとクリアジェルでグラデーションにしました。

サロンでのスチューデントサロンでは、直接のお友達以外の方もいるので、
ワンカラーのみ。
ですが、自宅でのモデルさんは、アートの練習代にもなってもらえます。

検定モデルさんではないので、自宅モデルさんも楽しんでもらえるのでは・・と思います。
1ヶ月経たないうちにはがれてしまったりする・・ことは了承していただかないといけませんが。。。

12/2スチューデントサロンのモデルさん補修

12/2スチューデントサロンのモデルさん補修

11/19のスチューデントサロンのモデルさん。
1週間でネイルが爪先よりかけてしまったり、
浮いてしまった指がありとご連絡があり、補修しました。

サロンの先生にも相談しました。
爪先がかけた理由として、
エッジだけでなく、裏側にジェルがついて(爪を囲むような感じ)、それが取れた際に、表面までペリっといってしまった可能性があるとのこと。
くまでもスチューデントサロンは、施術を有料で提供するものではなく材料費をいただいているもので、
ネイルの持ちを保証できるものではない・・とのこと。
それは、今後施術中にもお話していきましょうということになりました。
今回は、私の直接の友人でもある事から、
自宅でお茶のみついでに補修させてもらう事になりました。
033
爪も痛んでいますし、オフはしたくなかったのですが、
この2本だけはオフをしました。
浮いていた1本は、グル―を浮いている間に爪楊枝で入れて対処し、トップジェルを塗って補強しました。

指2本オフの時間を使って、他の爪の根元ケアをしました。

12月22日にネイルチェンジの予定ですが、
他の爪については、それまでチェンジせずに、ネイル1ヶ月後の状態を見せていただくことに。

嫌がることなく、モデルさんをやってくださることに感謝です。

12/1練習モデルさん

12/1練習モデルさん

11/11の練習モデルさん。
3週間弱経って、サイドが気になるようになってきたと連絡があり、
ネイルチェンジする事にしました。

よくよく見てみたら・・・
サイドの塗りが下手なだけでした・・・。
026

↑が11/11のときのもの。
少々サイドがガタついている箇所があります。
カラーをのせた時に、縮んでしまったのが原因。
爪が伸びて、それがますます目立ってしまったのかと思います。
カラーもベビーピンクで白っぽいと、荒が目立つ事を知ったのでした。

そして、今回はもう少し濃いピンクに。

050

オンをしてからの1ヶ月の状態を見せていただくのもモデルさんにお願いしていたのですが、
「少し色が派手だったので、塗り変えてほしい」と2日後に連絡が入りました。
さすがにまだ塗って3日しかたっておらず、
ここでオフをするのは爪にも良くありません。
そこでポリッシュで対処する方法をお知らせしました。
10日にお会いすることになっているのですが、
その時点でもまだ1週間しかたっていません。
リフィルにしても、今はまだ地爪を傷つけることなく削れるか、
均等に削れるか・・と、不安もあります。
オフは簡単ですが、爪への負担を考えると避けたいですし。
サンディングの練習も今のうちにしっかりしておこうと、改めて思いました。