Category Archives: ネイル講習

美しいフォルムを目指す

美しいフォルムを目指す

ときどき、ネイリストになりたてのころに他店で施術していただいたネイルを見直すことがあります、
ホットペッパーで集客しているチェーン店で
施術対応、施術速度、カウンセリングなどを経緯するためでした。

その時にう~むと思ったこと

  • 爪が薄いので甘り削らないでと伝えたが、
    プレパレーションで表面が毛羽立つほど削られた。
    なのに使用ジェルはカルジェル。
    カルジェルでは表面の艶を取る程度でいい。
    ネイルが取れちゃうから、表面を毛羽だたせるんでしょうね。
  • 爪の形
    丸く卵みたいにっていったのに、尖がりに。でも、ポイントと言えるような美しさではない。
  • デザイン選び
    ほぼ放置。そこから好きなのをどうぞ。持ち込みもやります。
    カラーの変更可能です。
    カラーの相談にはのってもらえず。
    似合うピンクどれかな?って聞いても、この中からお好きなピンクを選んでくださいと言われ、
    選んだのは、超若づくりのピンクでした(^^ゞ。塗布後、後悔。
  • 施術してるスタッフさん、始終無口。マスクの下に笑顔はない。
  • 不必要なコミュニケーションはしない。テレビ(ワイドショー)がついてて、音がうるさい。
  • フォルム
    気に入らない。ことごとく嫌い。
    私の爪、そんなにのっぺりしてないのに。

付けたネイル、カラーがベターなピンクで、形もフォルムも気に入らず、
1週間で外しました。

先生に痛々しくて見ていられないと言いわれてしまいました。

本来の私のネイル

その時の施術ネイル(¥12000)

安いわけではないネイルサロン。
いい勉強になりました。

基礎講習終了

基礎講習終了

2018年、10月に基礎講習は終了となりました。
そして、11月12月の2回で、スカルプの基礎練習。
2級、1級、中級、上級を受ける予定がないとはいえ、
サロンワークで長さ出しを避けて通ることはできません。
私が習っていた先生は、
アクリルスカルプしかやっていなかったんですが、
無理を言って、ポリジェルでのスカルプで習いました。
フォームの付け方、
形成の仕方、
サンディング。
私自身の最終目標は、サンディング不要の施術。
時短方法を身につけなくてはなりません。
基礎を学んで、あとは練習しかありませんが、
やり方は一通り教えていただき、
1年続いた講習は終わることになりました。

ジェルネイルのストロークも、サロンの先生にも合格をもらいました。

まだ自分自身、課題はありますが、この1年でかなり技量アップできたと思います。

片道2時間の講習。
がんばりました!!!

追伸:講習会の帰りは、いつも寄り道していました。
美術館に行ったり、友達に会っておいしいもの食べたり。
それがまた楽しみでもありました。、

基礎講習途中経過

基礎講習途中経過

月1の講習に通い始めて5ヶ月。
ワンカラー、ラメグラデ、カラーグラデと進み、最終段階のはカルジェルフレンチまできた。

自宅練習の宿題もこなして、合格も私自身妥協ではなく納得しての進行状況。
練習でできていても、先生の目の前でのテストが微妙なら、次のステップには進まなかった。
それが高じて、自分の弱点もわかったし、焦った時こそ気をつけるべきこともわかった。

カルジェルフレンチは今までの技術の全てが詰まってる。
サロンワークではやらないフレンチ方法だけど、これが10指均等にきちんと仕上げられたら、やっと基礎を完全に習得できたと自信にも繋がるだろうと思う。
日々のサロンワークにも迷いがなく、お客様の満足度も上がるだろう。

カルジェルフレンチは数回講習を繰り返すようになるだろうけど、
じっくり時間をかけて練習重ねて完全に習得しよう。

お金がもったいないから、私なら1回で合格できるようこれでもかってくらい練習するなって、サロンの先生は言うけど、量をこなしても私の場合は身にならない。
量も時間も人の倍以上やって、やっと自分のものになる。
サロンの先生には申し訳ないけど、
自腹で講習受けているわけだし、
お金がかかっても、自分が納得できるやり方をしたいと思う。
50の手習いと言うけど、手習いならいいだろうけど、そうじゃないから。

ネイルの教わり方

ネイルの教わり方

今回、同じ事を2人の先生に教わった事で感じた事をまとめておきます。

現先生
「フワッと、ジェルの弾力を感じて、筆で生クリームを撫でるように。筆を寝かせて。」

新先生
「筆をこういう風に持ってば、筆が寝てくれる。後は指だけ動かせば、ジェルの弾力を感じられるから、それを感じながら筆を動かして行くうちにフワッと塗れるようになれる」

この教え方の違いはとても大きいです。
感覚的に身に付けるのが得意なタイプか、
理論的に理解しながら身に付けていくタイプか。

自分のタイプに合わせて、先生選びをする事は重要だと感じてます。

基礎講習再び

基礎講習再び

1月末に基礎を見直してみてはと、違う先生を紹介された。
「美しいフォルム」を目指すのが目的。
私の先生が私を見る時間が取れないということ、
先生自身の教え方が私に合っていないかもしれないということ、
そこで先生が信頼する同じジェルメーカのエデュケーターの先生を紹介してもらった。

と言っても、私も何度かお会いしたことのある方。
とても穏やかで素敵な先生。
自腹での講習ということもあり悩みはしたが、
今しっかり基礎を見直しておくのは、やはり私には必要だと思いお願いすることにした。

先日、片道2時間かけて講習を受けに行ってきた。
ワンツーマンで2時間。
まずはファイルとベース塗り。
私の先生からも教え方の違いを知りたいという要望もあった。

今までは、先生の所作を見て真似して・・と教えてもらっていた。
出来ないと、そうじゃない、こうだよと見せてもらって真似しての繰り返し。
ファイルで左右対称が決まらないと、ただ左右対称じゃないと指摘されるのみ。
練習しても、理屈はわかっても手が動かない、
左右対称が定まらない。

そして、今回の違う先生の教え方は、
まず何が出来ていないかを口頭で指摘を受け、
次にファイルの持ち方、筆の持ち方、そしてそれぞれ動かし方を
私の手を持って、こうして・・と教わった。
私が出来ない理由がはっきりわかった。
手首や指がスムーズに動かない。要は関節が堅い。
手首をグッとおさえられ、指だけで筆を動かせるように練習方法も教えてもらった。
年齢のせいで動かないわけではなく、やはり訓練は必要。
そうやって私自身も練習してきたからと。
そして2週間後の講習までに毎日2時間の練習をするようにと
ラウンド・オーバル・ポイントの3種類のファイルとベース塗の宿題をもらった。
「出来るようになるまでが私の責任」とおっしゃってくれたが、
何度も講習に通うのは金銭的にも容易ではない。

何を教わってきたか、先生の報告したところ、
「そっか、手が動かないんだ!?私はなんでもそつなく出来ちゃうから、出来ないってことがわからなかった。」
完璧な仕上がりが出来る人でも、教えるとなると別。

今回教えてくださった先生はワンツーマンで250人の生徒を
出来るようになるまで教えてきた実績がある。
なぜこの人はできないのか、何が原因なのかを一緒に探ってくれる。

紹介してくれた私の先生も
とにかく今後の私に期待をしてくれているし、
私自身、違う先生に私の出来ないことを理由を分かったうえで出来るようにするための指導をしてくれる。

そしてほぼ毎日2時間みっちり、帰宅してから練習をしている。

 

 

 

エアジェル講習

エアジェル講習

3月と4月に、2日間に分けてエアジェルの講習を受けました。
エアブラシを使っての技法もいろいろあります。

1日目の2時間で、エアブラシの構造、扱い方を習いました。
2日目の5時間では、具体的なエアブラシの吹き方を習いした。

学生時代はエアブラシを見ることはありましたが、こんなに小さなキャンパスにも吹くのが新鮮でした。
初めて自分の爪にエアブラシで描いてもらった時の感動!
エアブラシは、ネイリストへの道へのきっかけになったように思います(^o^)
講習を受けて、エアブラシの微妙な操作が難しくて。
指での操作もちょっとしたさじ加減が必要です。
ネイリストの奥深さを実感しました。
講習では、もう1人の受講生と一緒に、春夏秋冬の4つのアートをやりました♡
春(桜)夏(ハイビスカス)秋(ハロウィン)冬(雪の結晶)
ちなみに私の作品は真ん中の列。
一番下がお手本です。

サロンでのサンプルづくりには、さっとグラデーションができるエアブラシは必須です。
エアブラシの練習もかねて、カラーチャートを作らせていただきました。

070071071_2

 

 

 

 

 

 

 

 

12/4カルジェルチップオーバーレイの講習

12/4カルジェルチップオーバーレイの講習

次の講習はフラットアートの予定ですが、
私の地爪が痛みきっているので、
いい機会だという事で、先にチップオーバーレイの講習を受けました。
爪が短すぎる人、噛み爪で爪が小さくなってる人、傷んでる爪の補修方法です。

まずは先生

036

人差し指

 

037

親指

補修する前のひどい状態を写真に撮り忘れ・・。
親指は、イエローライン(爪とベットの境目)より下のところで横に亀裂が入っています。
それを上からチップをかぶして補修するのですが、
下手な人がやると爪が太ります・・。

 

そこで、私の施術。

039

薬指

040

人差し指

045

小指

これらにチップオーバーレイをしました。

047

中指は、講習で先生に見ていただきながら施術したものです。
小指は、実は失敗してて、
チップ切りすぎて少々小さい。
カラーを塗るとわかりずらいので、他のは塗ってません。

講習のキットに入っているチップは大きいサイズ(No.3)で、
私の指だと親指には丁度いいけど、他の指には大きすぎます。
なので、今回はサイドを切ったり削ったり加工をしたので、少し広がり気味の爪が出来上がりました。

爪の真ん中あたりで、少し白っぽいところが、チップが重なっている箇所です。

この出来上がりは、まだ先生に見ていただいてないので、評価はいただいてません。
10日にお見せする予定です。

12/1カルジェルフレンチの講習

12/1カルジェルフレンチの講習

11月中はスチューデントサロンのオープンがあり、
うれしいことに予約もあったりで、
講習受けられずにおりました。
講習を受けて前に進む事も大切ですが、
それ以上に、一つ一つを自分の身につけてから、という思いもあったので、
ついつい歩も遅くなりがちです。

12月に入り、前に進みましょう!ということで、
いくつか先生の時間が空いてるところに講習をいれていただきました。

まずは、カルジェルフレンチです。

カルジェルの講習のフレンチは、とっても難しいです。
でも、これができるとダブルフレンチも、カモノハシのくちばしのようにならない、すっきりしたアートができるとのこと。
しっかり習得したいと思いました。

034

まずは先生のフレンチです。
境界もにじまず、線も曲がってません。

 

035

そしてこれが私のフレンチ。
線が、ちょっと歪んでます。

カルジェルのフレンチは、
ベースを爪の先まで塗って(エッジは塗らない)、
ジェルをふき取ったきれいな筆で、
フレンチ部分を拭いとります。
これがしっかり拭えてないと、滲んでしまうんです。
そして、拭ったところに、フレンチの色を置いていきます。
ここでもセルフレべリングという、カルジェルならではの習性を利用します。

さて・・・これから練習を重ねて、先生の様なきれいなフレンチに近づけなければ!!

11/28練習モデルさん

11/28練習モデルさん

今回は、知り合いの方に紹介してもらったお二人のモデルさん。
初めての出張ネイルしてきました。
前日は都内のホテルに宿泊だったので、ネイル用品をキャスターバックに入れての移動。
早急に、ネイル用バッグを購入したい・・と切実に感じました。
忘れ物もしたし、カバンの中ごちゃごちゃだし・・。

そして、今回、大きな大失態をおこしました!!

なんと、UVランプが切れかかってしまったんです。
ご自宅を貸していただいた、お一人目の方がかなり忙しい方で、
硬化時間もUV照射が足りなくて、完全に未硬化状態。
トップジェルは拭き取った際に全て取れてしまいました。
ひどかった親指1本は塗り直しはしたのですが、
カラー部分はファイルで削り取りました。
地爪までファイルしてしまわないか、かなり慎重に・・。
ベースを残す状態で、なんとか塗る事は出来ました。
ですが、時間が足りなくて、なおかつ、配合の色が少し赤みが少なく、他の指より白くなったうえ、
2回塗る事ができず・・・。
親指1本だけ、カラー1回塗りになってしまいました。
切れかかったランプで、照射時間を2倍にして、なんとか硬化させました。

お二人目は、そんなUVランプの事を踏まえ、
硬化時間を2倍にして施術。
なんとか硬化してくれたのでホッとしました。

お一人目の方の写真は撮れなかったのですが
(残しておくべきでした・・・今後の戒め?いや、上達した時、こんな失敗もしたんだ・・上達したんだと確認するため?^^;)
お二人目の写真は撮らせていただきました。

031

お二人ともピアノの先生をされています。
なので、お爪は伸ばせません。
2週間後にまたお邪魔させていただいて、ネイルの状態を見させていただき、
オフとオンをさせていただく事にしました。

 

今回は、本当に大失態。

でも、これを教訓に、レベルアップしていきたいと思います。

カルジェルコース⑥

カルジェルコース⑥

⑥カルジェルグラデーションの塗り方

サロンのお店の傍らに、
スチューデントサロンとして作業テーブル等を置いていただきました。
練習用モデルさんの募集をかけることになりました。
やはり人の手での練習をこなさないと、上達ものんびりです。

そして、基本形の塗り方と、パール・ラメジェルしかできません。
練習用モデルさんを・・となると、グラデーションくらいはできるようにならないと・・と、
フラットアートとフレンチの練習を飛び越えて、
先にグラデーションの講習を受けました。

 

まずは先生が手直ししてくれたグラデーション画像

009

 

そして、これは手直しなしのグラデーション画像

012

まだらです・・・

 

そして後日・・・自宅にて。

008

カラーが薄いのでわかりにくいですが、
要領はつかめてきたような。
ラメグラデーションはきれいにできました。

ラメグラデーションはこつがつかめれば簡単なんですが、
カラーグラデーションはまだまだ練習を重ねないといけません。

 

頑張るのみ!

 

追記・・・

翌日、ベージュのグラデーション塗り直しました。

014

今までで一番きれいかも。
セルフならこれでいいかもしれないけど・・・まだまだです^^;