Category Archives: WordPress覚書

PCとスマホの表示を同じにする

PCとスマホの表示を同じにする

外観」→ 「テーマ編集(または編集)」→ 「header.php」でヘッダー・レイアウトの編集ができます。

hedda.php内の下記の太文字取り消し線のタグを消す。
頻繁にバージョンアップするため子テーマで編集したほうが良い。
(このサイトはPCはPC表示、スマホはスマホ表示にしています)

<!DOCTYPE html>
<!–[if IE]>
<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=Edge”>
<![endif]–>
<?php global $biz_vektor_options;
biz_vektor_get_theme_options(); ?>
<html xmlns:fb=”http://ogp.me/ns/fb#” <?php language_attributes(); ?>>
<head>
<meta charset=”<?php bloginfo( ‘charset’ ); ?>” />
<title><?php wp_title(); ?></title>
<link rel=”start” href=”<?php echo home_url(); ?>” title=”HOME” />
<link rel=”alternate” href=”<?php echo home_url(); ?>” hreflang=”<?php echo substr(get_bloginfo ( ‘language’ ), 0, 2);?>” />
<!– <?php echo get_biz_vektor_name();?> v<?php echo BizVektor_Theme_Version; ?> –>

<?php
/* 子テーマが利用されている場合は旧IEでのCSS上書き用ファイルを出力
/* 備考:file_exists はセーフモードのサーバーで動作しないため不使用
*/
if (get_template_directory_uri() != get_stylesheet_directory_uri()){
$stylePathOldIe = get_stylesheet_directory_uri().”/style_oldie.css”;
print ‘<!–[if lte IE 8]>’.”\n”;
print ‘<link rel=”stylesheet” type=”text/css” media=”all” href=”‘.$stylePathOldIe.'” />’.”\n”;
print ‘<![endif]–>’.”\n”;
} ?>
<meta id=”viewport”  name=”viewport” content=”width=device-width, initial-scale=1″>
<?php wp_head(); ?>
</head>

<body <?php body_class(); ?>>

<?php do_action(‘biz_vektor_sns_body’); ?>

<div id=”wrap”>

<?php if(
!isset($biz_vektor_options[‘enableie8Warning’]) ||
( isset($biz_vektor_options[‘enableie8Warning’]) && $biz_vektor_options[‘enableie8Warning’] )
): ?>
<!–[if lte IE 8]>
<div id=”eradi_ie_box”>
<div class=”alert_title”>ご利用の Internet Exproler は古すぎます。</div>
<p>このウェブサイトはあなたがご利用の Internet Explorer をサポートしていないため、正しく表示・動作しません。<br />
古い Internet Exproler はセキュリティーの問題があるため、新しいブラウザに移行する事が強く推奨されています。<br />
最新の Internet Exproler を利用するか、<a href=”https://www.google.co.jp/chrome/browser/index.html” target=”_blank”>Chrome</a> や <a href=”https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/” target=”_blank”>Firefox</a> など、より早くて快適なブラウザをご利用ください。</p>
</div>
<![endif]–>
<?php endif; ?>

<!– [ #headerTop ] –>
<div id=”headerTop”>
<div class=”innerBox”>
<div id=”site-description”><?php bloginfo( ‘description’ ); ?></div>
</div>
</div><!– [ /#headerTop ] –>

<!– [ #header ] –>
<div id=”header”>
<div id=”headerInner” class=”innerBox”>
<!– [ #headLogo ] –>
<?php $heading_tag = ( is_home() || is_front_page() ) ? ‘h1’ : ‘div’; ?>
<<?php echo $heading_tag; ?> id=”site-title”>
<a href=”<?php echo home_url( ‘/’ ); ?>” title=”<?php bloginfo(‘name’); ?>” rel=”home”>
<?php biz_vektor_print_headLogo(); ?>
</a>
</<?php echo $heading_tag; ?>>
<!– [ /#headLogo ] –>

<!– [ #headContact ] –>
<?php biz_vektor_print_headContact(); ?>
<!– [ /#headContact ] –>

</div>
<!– #headerInner –>
</div>
<!– [ /#header ] –>

<?php
$args = array(
‘theme_location’ => ‘Header’,
‘fallback_cb’ => ”,
‘echo’ => false,
‘walker’ => new description_walker()
);
$gMenu = wp_nav_menu( $args ) ;
// メニューがセットされていたら実行
if ($gMenu) {
// ナビのHTMLを一旦変数に格納
$gMenuHtml = ‘
<!– [ #gMenu ] –>
<div id=”gMenu” class=”itemClose”>
<div id=”gMenuInner” class=”innerBox”>
<h3 class=”assistive-text” onclick=”showHide(\’gMenu\’);”><span>MENU</span></h3>
<div class=”skip-link screen-reader-text”>
<a href=”#content” title=”‘.__(‘Skip menu’, ‘biz-vektor’).'”>’.__(‘Skip menu’, ‘biz-vektor’).'</a>
</div>’.”\n”;
$gMenuHtml .= $gMenu.”\n”;
$gMenuHtml .= ‘</div><!– [ /#gMenuInner ] –>
</div>
<!– [ /#gMenu ] –>’.”\n”;
// gMenuのHTMLにフックを設定
$gMenuHtml = apply_filters( ‘bizvektor_gMenuHtml’, $gMenuHtml );
// gMenuのHTMLを出力
echo $gMenuHtml;
} // if ($gMenu)
?>

<?php echo get_biz_vektor_header_image_home();?>

<?php if (!is_front_page()) { ?>
<?php get_template_part(‘module_pageTit’); ?>
<?php get_template_part(‘module_panList’); ?>
<?php } ?>

<div id=”main”>

ブログRSS取得

ブログRSS取得

アメブロの新着情報を広告(PR)無しでサイトに表示するためのPHP

ウィジェットの「テキスト」に記述して、PHP利用でPRを非表示にする。
※「PHP Text Widget」をプラグインに追加すること。

<?php
//以下3行の項目を任意に変更
$display_posts_count = 5; //実際に表示したい記事件数
$get_posts_count = 10; //取得する記事件数($display_posts_countより少し多めに設定)
$feed = fetch_feed(‘http:// ’); //取得したいRSS

 

$counter = 0; //ループ回数カウンター
include_once(ABSPATH . WPINC . ‘/feed.php’);
if (!is_wp_error( $feed ) ) : //エラーがなければ
$maxitems = $feed->get_item_quantity($get_posts_count); //取得件数
$feed_items = $feed->get_items(0, $maxitems); //指定件数分の配列作成
endif;
?>
<ul>
<?php
if ( $feed_items == 0 )  echo ‘<li>新しい記事はないようです</li>’;
else foreach ( $feed_items as $item ) :
if( !preg_match(‘/^PR:/’, $item->get_title() ) && $counter < $display_posts_count ): //PR記事の除外 && 表示件数が設定件数を超えないかチェック
?>
<li> <a href=”<?php echo $item->get_permalink(); ?>”> <?php echo $item->get_title(); ?></a> <br />
<?php echo $item->get_date(‘Y.m.d’); ?>更新</li>
<?php $counter++;
endif;
endforeach; ?>
</ul>

全ページを一括でコメント欄の表示/非表示を設定するプラグイン

全ページを一括でコメント欄の表示/非表示を設定するプラグイン

全ページを一括でコメント欄の表示/非表示を設定するプラグイン「Disable Comments」

インストール後、「設定」‐「Disable Comments」メニューから。
サイト全体でコメントを受け付けない場合は「Everywhere」を選択する。
「投稿」や「固定ページ」を選んでコメントを無効にすることもできる。

PHPを使えるようにするプラグイン

PHPを使えるようにするプラグイン

WordPressのウィジェットでPHPを使えるようにするプラグイン

「PHP Text Widget」(ウィジェットでのみPHPを利用できる)

ウィジェットの「テキスト」にPHPを記述する。

 

「Exec-PHP」(記事本文とテキストウィジェットでPHPを利用できる)