Category Archives: スチューデントサロン

ジュニアネイリストへの準備

ジュニアネイリストへの準備

スチューデントサロン開始してから、
ワンカラーでの施術、グラデーションでの施術と課題を変え練習してきました。そして、またワンカラーに立ち戻って練習をしています。

昨年スタート時
ワンカラー施術方法は、
1、カルジェルクリア×2回
(1)1回目は1~2本づつ(ジェルが縮みやすい人は1本づつ)
(2)2回目は5本(片手)づつ
※塗布時間が長かったり、カルジェル基本塗りがしっかりできていないせいで先端が縮みやすいため、2度塗りでカバー
2、カルジェルカラー×2回
(1)1回目は2本づつ、最後に親指
(2)2回目は5本づつ
3、aceトップジェル・ディア
※サンディング不要でアセトンオフできる

4月本格的にスチューデントサロン開始
グラデーション施術方法は、
1、カルジェルクリア1本づつ
2、グラデーション(カラー)×3回
(1)1回目はカラーによってはクリアを混ぜて緩くしたものを塗布(グラデーション開始位置から爪の3/4あたり)
※爪の3/2くらいに塗布→そのままの筆で下のほうからなでる→筆をぬぐってから、境目をぼかす
(2)2回目は原色のまま塗布(1回目より下・・爪の2/4あたり)
(3)3回目は原色のまま塗布(2回目より下・・爪の3/4あたり)
3、カルジェルクリア5本づつ
グラデーションで表面は凸凹になっているので、カルジェルの基本塗りで表面をツルッとさせる
4、aceトップジェル・ディア

5月に入りワンカラー施術に立ち戻る
1、カルジェルクリア×1回
1~2本づつ(ジェルが縮みやすい人は1本づつ)
※1回塗りでもしっかり爪先・根元・サイドが硬化後も縮まず残るようになったので
2、カルジェルカラー×2回
(1)1回目は2本づつ、最後に親指
(2)2回目は5本づつ
3、aceトップジェル・ディア

 

1人にかける時間は2時間が目標
1、オフ+ケア(プレパレーション)・・・・・55分
2、塗布・・・・・50分
※施術時間は1時間45分で。後の15分でカウンセリング、写真撮影、会計を済ませる。

時間制限のため、2人続けて予約を入れてみる。
後ろにお客さんが待つ焦りを体験することが、スピードアップにつながるため。

 

今後の目標
サンディングを猛特訓。
ジュニアネイリストとなると、他店オフも必須となります。
サンディングしてからのオフとなりますが、
まだファイルがおぼつかないところあり。
これは、自宅でハンドちゃんを使って、しっかり練習していきます。
練習方法としては、ハンドちゃんにネイル(カラージェル+ハードジェル)を塗布して、サンディングの感覚をしっかり身に着けるというもの。

サンディングが身についたところで、ジュニアネイリストもスタートとなる予定です。

立ち戻ってからのワンカラー施術の画像です。
080 081

4月からの動向

4月からの動向

4月からお店に毎日行くようになって、早くも1か月たちました。
当初はジュニアサロンという話もありましたが、
まだまだ技術的に習得できていないこともあり、
しばらくはスチューデントサロンで動いて、その間、ファイル技術の向上、所作をの工夫など、しっかり周到することにしました。
そして1か月・・・感じたことなどまとめてみようと思います。

1、自宅とサロンの違い
11月よりスチューデントサロンをオープンして、友人は自宅で施術していました。
4月からは自宅での施術はなくし、友人もサロンに来ていただいてます。
サロンで施術するということは、先生のチェックもしていただけます。
最初は先端がきちんと濡れていなくて、悪戦苦闘しました。
それでも先生が原因を丁寧に教えてくださり、
自分の苦手な角度などを把握できました。
筆の使い方、ケアの時のメタルプッシャーやルビーストーンの使い方など、
何度も細かく指摘していただくことで、少しずつ上達していきました。
やはり、自宅でやるのとサロンでやるのとでは大違い。
自宅でだと、結局モデルさんと自分の自己満足で終わってしまい、それ以上になれないのです。

2、時短~目標2時間(オフ・ケア・グラデーション)~
お客様入店から帰られるまで2時間という設定をしました。
その2時間の間に、カウンセリング、写真撮影、お支払いをも済ませるということです。
オフ・ケアと塗布で1時間ずつでタイムスケジュールを作りました。
手指の消毒からファイルまで、どの作業に何分、どの時点で何分経過・・と細かくスケジュールを組みました。
結果、そのおかげで今まで1時間半かかっていたオフ・ケアも1時間以内で収まるようになってきました。
一番時間がかかっていた要因は、オフでした。
aceジェルのディアをトップに使っているのですが、これは、サンディングなしでアセトンオフできるもの。
アセトンコットンを爪に乗せてホイルで巻いて待たなくてはいけないのですが、
20分以上たつのにツルっととれないということが多々ありました。
これは、実はキッチリホイルを巻けていないがために揮発してしまったり、
爪の長い方だと、ホイルの先端が破けていて揮発してしまったり・・ということも原因でした。
結局、とれずに時間ばかり経過・・という結果になってしまいます。

3、所作
それぞれの作業の動作・・所作は、時短にも大きく関係してきます。
次の動作に移るときに、道具をとるのに迷えば、そこで時間ロスが発生します。
これはこれからも大きな課題として、
パッと動作、かっこいい動作・・で時短です(笑)

4、ファイル
この1か月やってきた中で、実はサンディング作業をすることがほとんどありませんでした。
それはやはりトップにディアを使っているから。
ジュニアアロンがスタートしたら、このサンディングはマシンを使うようになります。
ですが、やはり、基本のファイルでのサンディングは、しっかり身についておかなければいけないこと。
この作業が、実は不慣れになってしまっています。
これはハンドちゃんを使って、しっかり日々の練習が必須。
爪の表面のサンディングは、さもすると自爪を削ってしまうというトラブルも引き起こす、とっても重要な作業です。

今後の目標について

①手際のいいサンディング・ファイリング
②サンディングなしのケア・オフを50分に
③ネイル塗布時間を50分に
④フレンチネイルの特訓(現在練習中。アートの域に入ります)

この1か月グラデーションの練習をしてきましたが、
ここでワンカラーの練習に戻ることにしました。
グラデーション練習により技術力アップができました。
ワンカラーは根元やサイドなどガタガタ線では美しくありません。
そこに立ち返って、しっかり習得するためです。

 

少し、1か月間の成果を画像で残しておきたいと思います。
057 058 059 060 061 063 064 065  074

4月ジュニアサロンオープンに向けて

4月ジュニアサロンオープンに向けて

いよいよ4月のジュニアサロンオープンまで1カ月ちょっとになってしまいました。
今までは、練習課題をメインにモデルさんに施術をしてきましたが、
4月からはお客さんの注文にこたえられるようにならないといけません。
でも、まだまだ講習も全項目終了しているわけではないのです。

そんな不安な中、
上司となる先生とジュニアサロンとしての運営についての打ち合わせをしております。
基本料金の設定も、
ジュニアネイリスト(ここからのスタートになります)、ネイリスト、トップネイリスト(現先生)と、
美容院のような料金システムを作りました。
とはいえ、まだまだその基本も完ぺきにこなせるわけではなく、
また、施術時間も目標をクリアしていません。
そこで先生とじっくり話し合い、次のように決めました。

目標その1:施術時間を2時間以内で行うもの・・・ワンカラー、グラデーション、フレンチ(ラメ入り)
・ワンカラー 今まで通り基本に忠実に
・グラデーション グラデーション出来るカラーを限定する(今は薄いカラー)
・フレンチ 基本フレンチでスマイルラインにラメをのせる。(スマイルラインがきっちり作れないため)

目標その2:施術時間が早くなったら
・アートをひとつ入れる
・グラデーションのカラーバリエーションを増やしていく
・フレンチのラメ入りも、基本形から変形フレンチまでバリエーションを増やし、またラメなしもできるように

まずは目標がさだまり、オープン時に何ができればいいのかがはっきりしました。
練習と同時に、オープン時のネイルサンプルも作っていきます。

 

4月からのジュニアサロンオープンではありますが、
3月27日に地域でイベントがあり、そこでお試しサロンとして出店が決まりました。
現実的には、そこが本当のデビューになります。

まだまだ不安いっぱいですが・・・・頑張るしかないのです!!

ファイト!!

12/2スチューデントサロンのモデルさん補修

12/2スチューデントサロンのモデルさん補修

11/19のスチューデントサロンのモデルさん。
1週間でネイルが爪先よりかけてしまったり、
浮いてしまった指がありとご連絡があり、補修しました。

サロンの先生にも相談しました。
爪先がかけた理由として、
エッジだけでなく、裏側にジェルがついて(爪を囲むような感じ)、それが取れた際に、表面までペリっといってしまった可能性があるとのこと。
くまでもスチューデントサロンは、施術を有料で提供するものではなく材料費をいただいているもので、
ネイルの持ちを保証できるものではない・・とのこと。
それは、今後施術中にもお話していきましょうということになりました。
今回は、私の直接の友人でもある事から、
自宅でお茶のみついでに補修させてもらう事になりました。
033
爪も痛んでいますし、オフはしたくなかったのですが、
この2本だけはオフをしました。
浮いていた1本は、グル―を浮いている間に爪楊枝で入れて対処し、トップジェルを塗って補強しました。

指2本オフの時間を使って、他の爪の根元ケアをしました。

12月22日にネイルチェンジの予定ですが、
他の爪については、それまでチェンジせずに、ネイル1ヶ月後の状態を見せていただくことに。

嫌がることなく、モデルさんをやってくださることに感謝です。

11/26スチューデントサロン

11/26スチューデントサロン

スチューデントサロンも3人目のお客様。
濃いめのピンクを選ばれたので、
かなり根元など際がはっきり。
029

先生より根元が波々にならないように塗れたと、合格の評価をいただきました。
ただ、爪のトップの裏に少し残ってしまって・・・。
それは硬化前のチェックの甘さが原因です。
ちょっとずつのクリア・・・ですね。

 

11/20スチューデントサロン

11/20スチューデントサロン

スチューデントサロンも2日目に。
お友達の紹介で、2人初対面のお客様を施術する予定でしたが、
午前中のお客様は。。忘れちゃったらしく、来店されませんでした。
午前中はイラストを描いたり、手順を確認したり、サロンのクリスマスツリーを飾ったりしてました。

午後のお客様、お互いに初対面。
お客様の方が慣れていて、色んなお話をしてくれて。
それで私もお話させてもらって。
お客様によって話題も違うし、内容の深さも違います。
こういうとき、美容院での美容師さんとの会話が参考になります。

今回の施術は反省ばかり。。。
初めてのお客様モデルで緊張もしていたけど・・・

・根元のケアが甘くて、根元のジェルの塗り始めがガタガタに。ルビーストーンで押しあがらないときは、プッシャーも使う。
・とても小さな爪のお客様でした。人によって爪は様々。悩みも様々。ジェルの量も、見極める。
・ケアとネイルのみでオフがないのに、2時間40分もかかってしまいました。目標は1時間半。→ベース2回目は、1本づつではなく、5本塗ってしまう。

500円施術料金を快く支払ってくださり、次回の予約もしてくれました。
月1回、モデルさんを続けてくれるとのこと。ありがたいです。

 

11/19スチューデントサロン

11/19スチューデントサロン

いよいよサロンでスチューデントサロンとしてオープン。
1回目は、御近所のお友達が来てくれました。
今までは自宅で、お友達会話をしながらの施術でしたが、
サロンでとなると、話の内容もいつも通りとはいかなくて。
お互いに緊張してしまったかも。
それでも、協力してくれて、
拙い私の施術にも喜んでくれて。
私もサロンでの施術になれないちょいけないし、
スチューデントサロンの1回目がお友達でよかった・・とつくづく思いました。

attachment01

カルジェルCG43でワンカラー塗り。

ベースはカルジェルクリアで2回
カラーCG43を2回
トップはaceジェルのディアを1回

前回、トップジェルはレイジェルを使用。
表面を少しファイルしたくらいでで溶液がしみなくて、オフとケアだけで1時間半もかかってしまいました。
自宅では無料でしたが、サロンでは材料費という事で500円いただくことにも快く了解してくださり、ただただ感謝です。
(先生が貯金箱を作って下さいました^^)

 

※注意点
爪の右側が垂れやすい。
固める前にしっかり爪の周りをチェックする。
ベース1回目、爪の先が縮んでいる。短い爪でも、しっかり爪の先をファイルしておき、ジェルを塗るのが縮み防止になる。

※手順
時短作業のために・・・
①右手サンディング
②右手のオフ・・カルリムーブ(コットン・ホイル)
③左手の爪根元のケア・サンディング
④左手のオフ・・カルリムーブ(コットン・ホイル)
⑤右手のケア・ファイル
⑥左手のファイル